Molecular Spectroscopy Lab
Department of Chemistry, Kyoto University

 物質が光を吸収すると,その余剰エネルギーが散逸する過程で、エネルギー移動や電荷移動、化学結合の組み換えなど物質の個性を反映した様々なドラマが起こります.特に異種物質間の界面では、これらの素過程が光触媒や太陽電池などの機能発現機構の根幹を担います.我々は、超短パルスレーザーを用いた時間分解非線形分光と、超高真空下における表面科学的分析手法を駆使して、不均一な凝縮相での超高速過程を研究しています.

更新情報

2022.04.01
木下絵里加さん,竹内肇くん,所風伍くん,小島祐輝くん,神柱尚汰くん,藤颯太くんが新メンバーとして加わりました.
2022.03.26
102日本化学会春季年会で吉田くんと渡邊教授が発表しました.タイトルはそれぞれ,「Pt(533)面における水分子の吸着構造」,「有機超薄膜中の超高速スペクトル拡散ダイナミクス」.
2022.03.18
酒向くんが卒業研究発表会で発表しました.
2022.03.04
アルカリ薄膜の時間分解計測の論文が出版されました。"Ultrafast Plasmonic Response Ensured by Atomic Scale Confinement" Shunsuke Tanaka, Tatsuya Yoshida, Kazuya Watanabe, Yoshiyasu Matsumoto, Tomokazu Yasuike, Dino Novko, Marin Petrovic, Marko Kralj ACS photonics DOI: 10.1021/acsphotonics.1c01454
2022.02.07
土屋くんと日置君が修士論文発表会で発表しました.タイトルはそれぞれ,「Pt(533)表面の水の吸着構造における水素共吸着効果」,「微小共振器によるテトラフェニルポルフィリン薄膜のポラリトン形成」.
2022.01.24
「レーザー研究」に解説記事が出ました。「有機薄膜の超高速励起子スペクトル拡散」(レーザー研究 vol. 50, No. 1 p. 11 (2022)
2021.12.24
雑誌「化学」に寄稿しました。「化学反応のレアイベントは観測できるか?」(化学 vol. 77, No. 1, p.14
2021.12.11
表面・界面スぺクトロスコピーで長塚助教と吉田くんが発表しました.タイトルはそれぞれ,「ヘテロダイン検出和周波発生振動分光によるPt(533)表面における水分子一次元鎖の構造」と「PTCDI薄膜中の励起子における超高速スペクトル拡散」.
2021.12.01
The 9th International Symposium on Surface Scienceで長塚助教と吉田くんが発表しました.タイトルはそれぞれ,「One-dimensional chain of water molecules on Pt(533) surfaces studied by heterodyne-detected vibrational sum-frequency generation spectroscopy」,「Ultrafast spectral diffusion of excitons in thin films of molecular aggregates
2021.11.26
15回物性科学領域横断研究会で長塚助教が発表しました.タイトルは,「ヘテロダイン検出和周波発生振動分光によるPt(533)表面における水分子の吸着構造」.
2021.10.01
劉 景楊くんが新メンバーとして加わりました.
2021.09.30
渡邊教授がNCTU-KU workshopで講演しました。https://sites.google.com/view/nctuelectrophyslinlab/nycu-ku-workshop
2021.09.21
日本物理学会第77回年次大会で長塚助教と土屋くんが発表しました.タイトルはそれぞれ,「ヘテロダイン検出和周波発生振動分光によるPt(533)表面上氷薄膜の界面構造」,「Pt(533)表面の水の吸着構造における水素共吸着効果」
2021.09.21
15回分子科学討論会で長塚助教が発表しました.「ヘテロダイン検出和周波発生振動分光によるPt(533)表面における水分子の吸着構造」
2021.09.18
15回分子科学討論会で吉田くんが発表しました.「PTCDI薄膜におけるスペクトル拡散ダイナミクス」
2021.07.02
2021.08.10
吉田くんの論文がJCPBにでました."Spectral Diffusion of Excitons in 3,4,9,10-Perylenetetracarboxylic-diimide (PTCDI) Thin Films" https://doi.org/10.1021/acs.jpcb.1c02589
2021.07.02
科研費採択の通知がありました.
「生成物検出によるレアイベント分光法の開拓」挑戦的研究(開拓)代表 渡邊一也
2021.04.01
科研費採択の通知がありました.
「輻射場と分子の強結合を利用した非断熱過程制御」基盤研究B 代表  渡邊一也
「共鳴核反応法と界面敏感分光法による二酸化チタン表面の水素拡散ダイナミクスの解明」
若手研究 長塚直樹代表
2021.04.01
飯田洋一君、酒向信明君が新メンバーとして加わりました.
2020.02.01
木村君、村谷君、安武君の修士論文発表会が無事終了しました.発表タイトルはそれぞれ「分子-輻射場結合状態における協同効果の濃度依存性」,「ポラリトン形成による光誘起電荷分離反応速度変調」,「Pt(533)表面に吸着した水のヘテロダイン和周波発生振動分光」です.
2021.01.21
第12回 Qコロキウムで講演しました.「分子と輻射場の強結合による励起状態ダイナミクス変調」 ( https://www.youtube.com/watch?v=okrEey6ggO4
2021.01.20
レーザー学会第41回年次大会でシンポジウム講演を行いました.「有機薄膜の超高速スペクトル拡散」
2020.12.05
表面界面スペクトロスコピー2020をオンラインで開催しました.多数のご参加有難うございました. https://pcat.cat.hokudai.ac.jp/sis
2020.09.18
アルカリプラズモンの論文がPRLにでました。"Linewidth Narrowing with Ultimate Confinement of an Alkali Multipole Plasmon by Modifying Surface Electronic Wave Functions with Two-Dimensional Materials" DOI:https://doi.org/10.1103/PhysRevLett.125.126802
2020.09.15
分子科学オンライン討論会で吉田君が発表しました。学生賞を受賞しました。
2020.06.21
吉田君の論文がJPCLに出ました。"Anomalous Temperature Dependence of Exciton Spectral Diffusion in Tetracene Thin Film" DOI: 10.1021/acs.jpclett.0c01537"
2020.03.02
長塚直樹 助教があたらしく着任されました。
2020.02.05
高橋君の論文がJPCLに出ました。"Decoupling from a Thermal Bath via Molecular Polariton Formation" https://doi.org/10.1021/acs.jpclett.9b03789
2020.01.31
福井謙一記念研究センターシンポジウムで講演しました。
2020.01.26
高橋君が第13回分子科学討論会で優秀講演賞を受賞しました。
2019.12.13
台湾国立交通大學を訪問し講演しました。
2019.12.09
玉城嘉十郎教授記念公開学術講演会で理研の金有洙先生と物材機構の館山佳尚先生にご講演頂きました。
2019.12.07
表面界面スペクトロスコピー2019で吉田君が講演しました。
2019.11.15
MACSコロキウムで講演しました。
2019.11.14
台湾NCTUとの交流workshopで講演しました。
2019.11.07
Philipps-University of MarburgUlrich Höfer教授が来研されました。
2019.11.01
箕面自由学園中学校の学生さん約60名が見学に来られました。
2019.10.28
2019年日本表面真空学会学術講演会で依頼講演を行いました。